Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

コモンウェルス

英語では正式にはCommonwealth of Nationsのようですが、通称は the commonwealth、日本語では戦前のBritish Commonwealthと呼ばれていた時代の名残でイギリス連邦と呼ばれているようです。大英帝国の盟主だったイギリスとその植民地だった国家からなる国家連合で、EUとの違いはメンバーであるそれぞれの国家は独立しているということです。加盟国はヨーロッパではイギリスの他にキプロスとマルタ、アジアではインド、パキスタン、シンガポールなど7カ国、アメリカではカナダやジャマイカ、アフリカではケニヤや南アフリカ、オセアニアではトンガやフィージーなど53カ国にも及びます。共通言語は英語であり、政治だけでなく、スポーツや文化的な繋がりもあります

 

その中でもオーストラリア、ニュージーランド、カナダなどエリザベス女王を元首として抱く国家はcommonwealth realmと呼ばれています。通貨の表に女王が刻印されているのはこのためです。

 

コモンウェルス加盟国の間で行われるスポーツ大会がコモンウェルスゲームスで、サッカーのW杯と同じ年に4年に一度開催されています。コモンウェルス圏ではオリンピックイヤーよりもW杯・コモンウェルスゲームスイヤーの方が盛り上がります。競技種目にはフィールドホッケー、ラグビー、スカッシュなどが含まれるのが特徴でしょうか。加盟国でこれらのスポーツが盛んなのも頷けますね。

 

ブレグジット後を決めるEUとの会議でイギリスが強気なことや、世界第5位のGDPであるのはこのコモンウェルス加盟国とのゆるやかだが確固たる繋がりがあるからなのでしょう。
 
用語集へ戻る
 
当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。