Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

経常赤字国

経常収支が赤字の国のことです。英語ではcurrent account deficit countriesとなります。

 

経常収支とは、一言で言うと、その国の収支が海外に対して黒字なのか、赤字なのかということで、居住者と非居住者との間で行われた経済活動である国際収支の状況を指します。

 

輸出入の収支である貿易収支、海外旅行や国際輸送などが黒字か赤字かをみるサービス収支、親会社と子会社間の配当や利子などからなる直接投資収益と投資した金融商品の配当や利子である証券投資からなる第1次所得収支、本国居住者と海外居住者間の収支でさる第2次所得収支の4つで構成されています。

 

経常赤字国は海外からの資金を誘致して赤字を埋めようとします。アメリカのような格付け会社からの評価が高い先進国の場合は国際信用度が高いため、国債を発行しても、高価格(低金利)で購入してもらえます。しかし、格付けが低い場合は先進国であっても信用度が低いため、金利を高くせざるを得ないわけです。ポピュリスト政権が誕生してEUと揉めている現在のイタリアがあてはまりますよね。まして、エマージング市場の国々が国債を発行する際は低価格(高金利)にしなければ買い手がつかなくなるわけです。

 

高金利につられてエマージング通貨でFX取引をする際は、通貨の暴落の危険もありますので、最小限のヴォリュームやレバレッジに抑えるなど、特に気を付けましょう!
 
用語集へ戻る
 
当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。