Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

FX 往復ビンタ

英語ではぴったりな適当な表現がありません。ビンタはslapですが直訳だとslap on both cheeksとなりますが、検索して出てくるのはslapped cheek syndrom、いわゆるりんご病の結果ばかりです。そもそも、欧米ではピンタは1回が基本のようです。強いていうと、backhanded slap after open palmed slapまたはスラングですが、一番近いイメージなのはpimp slap after bitch slapでしょうか?pimpはあまりいい意味でない男性を指すスラングでpimp slapは手の甲でのビンタ、bitchはハリウッド映画なのでご存知でしょうが、やはりあまり良くない女性をさすスラングでbitch slapは通常の手の平でのビンタのことです。手の平での平手打ちは女性が使うイメージが強いのとダメージが小さいこと、手の甲ででの平手打ちは男性がよく使い、ダメージも大きいことが理由です。

 

FXでは保有するポジションと逆に相場が動いたたためドテンをしたところ、今度もまた逆に動いて、2度損切りをさせられることをいいます。例えば売りポジション保有の際の急激なブルマーケットとなり踏まれて耐えきれなくなり手仕舞いをし、この流れに乗ろうと買いポジションを持つと、今度は流れが逆行しベアマーケットに転じたので、買いポジションも損切りをさせられるという意味で使います。

 

原因はエントリーポジションがいい加減、損切りレベルの設定が狭すぎる(100pips以下)、相場感がないなどが考えられます。今井先生のおっしゃるように、自己資金と相談して余裕を持った逆指値を設定して、トレンドがファンダでもテクニカルでも確認できた時のみエントリーする習慣を身につけましょう!
 
用語集へ戻る
 
当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。