Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

FX入門〜初心者もスイングトレード中心にコアポジションを残し回転させるべき!


FXの4つの手法であるスキャルピング、デイトレ、スイングトレードと長期投資!

 

登場人物 


Fさん

FX入門者から初心者脱却を目指す方向けの資産運用・分散投資としてのおすすめ始め方・やり方講義第8章「今井流FXチャートの基礎」の第4回目は損切りをする際に重要なFXのポジション保有期間による4つの分類についてでしたね

 

スキャルピングデイトレードスイングトレードについては序章の「FX投資家適正度チェックと入門〜初心者にはスイングトレードがおすすめ!」以来何度か触れられていますが、詳しい解説はなかったですよね。

 

今回の講義で、今井先生が勧められているのはスイングトレードだということが確信できました。

 

スイングトレードがFX入門〜初心者に推奨される理由とは?

 

X君

そうですね、もちろんスイングトレードがオススメですよね〜。

 

特にず〜と相場に貼りつける専業投資家と異なりサラリーマンにはスイングトレードがおすすめだということはFさんが添付してくれた序章の講義にもありましたよね。

 

先生の講義を読むと、2、3日から1、2ヶ月のスイングトレードを推奨されているようですね

 

これは一番儲けられるトレンド相場の期間と同じだからということのようですね、デイトレでちょこちょこ儲けるよりトレンド相場で大きく儲けるという先生の手法にスイングトレードが合っているのが理由なのだと納得できました!

Fさん

なるほど、そういうことなのですね、読んでいても気がつきませんでした。

 

デイトレは常に相場を見ていないといけないので物理的に無理なのと、コツコツドカンを避け、大きく勝つには我慢が重要なのでスイングトレードがプロの手法だと思い込んでいました

 

コツコツドカンという言葉を久しぶりに使いましたけど、今は逆指値注文を徹底しているのでコツコツドカンにはならなくなったからですね、昔の自分がバカみたいです、こんな簡単なことができていなかったなんて

 

FX入門〜初心者でもスイングトレードでコアポジションをキープし、デイトレで回転させれば勝てる確率が格段にアップする!

 

そして、スイングトレードが中心というのはもちろんですが、「FX入門〜初心者は株式での習慣や高金利通貨狙いは忘れ売りからも入るべき!」で議論したように、近年はCTAHTFなどデイトレ狙いのアルゴ取引が売買の中心となっているためか、レンジ相場が続きなかなかトレンド相場にならないので、スイングトレードだけだとなかなか儲かりませんよね。

 

そのため、大きなトレンドが下だと予想したとしても、レンジ相場が続く場合はコアポジションだけ残して、小さな上昇トレンドでは買いを増やし、小さな下落トレンドになったらドテンして売りに回すといった回転をこまめに行う必要があると思います。

 

こうした回転をほとんど行わなかったことが昨年せっかくプラスに転じたのに、儲けが大きくなかった一番の理由だと気がつきました。

 

トレンド相場が来るのをただ待っていても仕方がないですからね、逆指値の徹底に加え、休むも相場ができるようになったので負けは減りましたけど…….

 

FX入門〜初心者注目!トレンド相場が延長すればポジション保有期間も延長!

 

そしてトレンド相場が延長した場合にはポジション保有期間も延長するべきなのはもちろん今なら理解できます!

X君

そうですよね、コツコツドカンもポジポジ病も完全に治りましたよね〜、久しぶりにその言葉聞きました。

 

でも、確かに負けは無くなっても勝てないと意味がないですよね〜。

 

そのためにはforexliveなどの英語ニュースにもこまめに目を通し、小さなトレンドを見つけて確実に80~120pipsぐらいをデイトレで稼ぐことも確かに重要だと思います

Fさん

はい、おっしゃる通りです。

 

今後は面倒臭がらずに、特に夜の時間に英語ニュースを毎日読んで、トレードに活かしていきたいと思います!

 

FX入門〜初心者必見!ケーブルが安値を更新したけど今から売るのは難しい?

ところでForexliveのニュースによるとケーブルが7月5日日本時間の夜についに1月安値を更新したとのことです。

 

次期首相候補筆頭のボリス・ジョンソン元外相が10月はノーディールでも離脱するという発言と米国雇用統計の予想外の上振れが重なった結果でしょうが、その後の戻しは死んだ猫の戻り、つまり、ほとんど戻っていないとのことです。

 

これではさすがに売れないですよね、7月20日の議員による決選投票でジョンソン氏が敗れてブレグジットの延長もありうるというハント氏の勝利に期待するしかないようです。

 

 

当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。

 

記事のSNSでの拡散へのご協力、よろしくお願い致します!