Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

FX入門〜初心者は本当にエントリーすべきか自問自答するべきだが、それにはトレードノートが必須!


FX入門〜初心者はトレンド相場で勝負するためにレンジ相場で資金を無くさないべき!

 

登場人物 


Fさん

FX入門者から初心者脱却を目指す方向けの資産運用・分散投資としてのおすすめ始め方・やり方講義第8章「今井流FXチャートの基礎」の第16回目はFX入門者や初心者の方に是非とも覚えて頂きたいFX必勝原則の講義の講義第3回目で資金を潤沢に残すとトレードノートを習慣化するについての解説となります。

 

最初はFXにおいては資金を潤沢に残しておくべきというお話ですが、これは経験上よく理解できます。

 

かつてポジポジ病レンジ相場で毎日ポンドで勝負していた結果、証拠金が一桁減ったために現在のトレンド相場で今月25%も利益が出ているのですが、利益はかつての10分の1に過ぎません。

 

本当にこのサイトや元プロの方の本にもっと早く出会っていたらと改めて思わされました。

X君

はい、本当にもったいないですよね〜

 

8月初頭のトランプ大統領のツイートでレンジ相場が崩れてリスクオフの円高のトレンド相場になったので今月は久しぶりに大きく儲けられました

 

23日夜のジャクソンホール会議でパウエル議長がまた失敗発言をするというコラムがForexliveなどにたくさんあったので23日夕方に米ドルだけでなくユーロや豪ドルも全てショートで勝負したのですが、トランプ大統領の中国への関税引上げツイートでパウエル議長の公演前の夜中1時にはそれぞれ100pipsほど利確することができました。

 

昔のFさんならこの場面で僕より一桁大きい数100万通貨とかで勝負できたでしょうから金曜の夜だけでも数10万単位ではなく数100万単位で儲けられたということですよね

 

やはりFX入門者や初心者の方はレンジ相場では休むも相場、または少額で取引してストップロス(逆指値注文)ですぐに損切りをして、トレンド相場にそなえるべきだという先生のお話の通りだと実感できました。

Fさん

FX入門〜初心者は反転の兆しで勝負!

はいその通りですよね、「 FX入門〜初心者におすすめ!レンジ相場を生き抜くためのコツとは?」にあったように、入門者や初心者の方はレンジ相場では休むも相場で取引はせず、次のトレンド相場に備えてシナリオを練る時間にあてるべきという先生の解説が今ではよく理解できます。

 

図31 反転の兆しが見えたら勝負!
図31 反転の兆しが見えたら勝負!

 

図31で先生が仰っしゃりたいのは、FX入門者や初心者の方は底になる前に打診買いはするべきではなく、しっかり底が確認できてから買いに入るべきということですよね

 

これもレンジ相場で休むは相場と同じで、リスクをできるだけ取らないでトレンド相場に備えろということのようです。

 

かつての私はポジポジ病で打診買いも得意で、その後そのまま下がって損失を出すことも多かったことから、この話もよく理解できます。

 

ツイートしたようにメルケル首相発言でポンド円が130.4円で刺さったこともあったのですが、ポジションは23日夜から売りにしていて、24日の金曜日夜には全て決済しました。

 

かつてならオセアニア時間の窓開けを期待して週明けポジションを半分ぐらい残したと思うのですが、今ではリスクをとらないようにしているので、躊躇なく全て決済できました。

 

反対に、100pipsと200pipsほど下に窓開けに備えた豪ドル円とトルコリラ円の買い注文を、欧州通貨が上がり過ぎのような気がするのでユーロドルとケーブルを少量売り注文をだしてありました、一応自分なりのシナリオを組み立てられるようになったと思っています。

 

豪ドル円はわずかに届きませんでしたが、トルコリラ円はお盆休みの前から指しておいた17.8円が刺さっていました、これは我慢してホールドしたいですね。

 

今朝はまさに「FX入門〜初心者におすすめ!為替相場は午前8~10時、午後4~8時、10~2時が一番重要!」や「FX入門〜初心者におすすめ!G7、G20後の月曜朝の短期筋とロンドンフィックス」で先生が書かれているようにG7後のミニフラッシュ・クラッシュでしたがすぐに戻るダマシでしたね、原因は金曜日のトランプ大統領のツイートでG7ではないですが、G7後の月曜朝が短期筋に狙われたわけでトルコリラは金曜夜の18.2円から一時は17.4円まで5%も下がりました。

 

東京時間にはほとんど窓を埋めてしまったので、ユーロドルとポンドドルは金曜引けの値段で売れたのですが、なぜかあまり下がってくれていません、こちらもしばらく我慢します。

FX入門〜初心者はエントリー前に本当に取引すべきかを自問自答する!

次にFX入門者や初心者の方は、トレードする前に本当にすべきかを自問自答するべきだという話がでてきますが、これはまだできていないような気がします。

 

やはりまだパッと考えて取引しており、実はトレードノートもあれだけ言っておきながらつけていないのです。

 

週末などは時間があるのでじっくり考えてから指値注文を入れているのですが、平日はまだできていないことが理解できました。

 

やはり、考えるだけだと駄目なので、これを機に本日からトレードノートをつけることにします。

 

本当にトレードするべきときだけトレードするようにすれば、勝率は間違いなくアップすると思います。

 

今週もトレンド相場なのでチャンスですし、自分なりのシナリオを描けているので、チャートともう一度にらめっこをしてみます

FX入門〜初心者必見!振返りの習慣をつけるためにトレードノートは必須!

そして最後には、振返りの習慣をつけるためにFX入門者や初心者の方にはトレードーノートが必須という解説がされています。

 

ちょうど本日からつけなくてはと思ったところなので、本当にそのとおりですよね。

X君

はい、FX入門〜初心者の方だけでなく中上級者の方にもトレードノートをつけるのは必要だと思います

 

例えば23日の金曜夜に僕が躊躇なく円買い注文を出せたのは過去のパウエル議長の発言後の為替(FX)相場の動きをたどると、パウエル発言の後には円高の傾向というノートがあったからです

 

Fさんが金曜に儲けられたのは、リスクを取らなくなったということもあるでしょうけど、ノートを取らなくてもパウエル議長の発言後には円高だと頭に入っていたからだと思います。

 

だけど、全ての事について覚えることはできないですし、過去になぜ失敗したのかを書いておけば、また同じ過ちをするまえに防ぐことができると思います。

 

先生の仰る本当に取引すべきかという自問自答をするためにはトレードノートを取ることが絶対条件なのではないでしょうか。

 

トレードノートを取っていないと同じケースが到来しても覚えていなくて、取引を諦めてしまうか、感覚でエントリーして過去と同じ失敗をしてしまうのではないでしょうか?

 

失礼ですけど、トレードノートを取ってないくて同じ失敗を何度も繰り返したのでFさんはこのサイトに出会うまで負け続けていたのだと気がついちゃいました、FX入門者や初心者の方は必ずトレードノートをつけるようにしてください!

 

当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。

 

記事のSNSでの拡散へのご協力、よろしくお願い致します!