Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

FX入門〜初心者は必見11の必勝原則⑨トレーリングストップで利食い⑩複数の時間軸チャートで判断⑪大局観を持つ


FX入門者や初心者は必見!FX必勝原則の⑨と⑩と⑪

FX入門者から初心者脱却を目指す方向けの資産運用・分散投資としてのおすすめFXの始め方・やり方講義は、11のFX必勝原則の第5回目は、利食い、複数の時間軸チャートで判断、大局観を持つについての講義となります。

FX入門〜初心者必見の必勝原則9. トレンド相場の利食いではトレーリングストップを!

FX入門者や初心者の方は、「利食い」も損切りと同様、基本的は最初に立てたシナリオにしたがって行います。ただし、損切りと異なるのは、当初のシナリオと異なる結果が出たときの対応です。

 

一方通行のトレンド相場の際、損切りの場合ですとシナリオが間違っていた時にそのまま放置すると損失が拡大しますから、すぐに実行する必要があります。しかし、利食いの場合は、さらに利益が増えていきます

 

利益が増えること自体は望ましいことですが、FX入門者や初心者の方はポジションを閉じるタイミングを逸してしまう失敗を招きかねません。失敗を避けるためのひとつの手段としては、最初に持っていたポジションのうち一部はシナリオ通りに利食いをして、残りで利益の拡大を狙うことが挙げられます。確実に利益を得たまま、より大きな利益を目指せます。

 

ここで、FX入門者や初心者の方向けに、利食いに関して「トレーリングストップという少し難易度の高いテクニックをご紹介しましょう。利益が出ている時に、ストップロスをその方向に徐々にずらしていくというものです。

 

図32 トレーリングストップ
図32 トレーリングストップ

 

難点があるとすれば、ストップロスで利益を確定するため、ピーク時(最大利益が得られるポイント)で決済しても、必ず一定の利益減が出てしまう点でしょう。しかし、それでも大きな利益を狙い、かつある程度の利益を確保していくとなると、FX入門者や初心者の方にとってはこの方法が最も適当だと思います。

 

注意したいのは、利益が出ている方向にのみ損切り注文を動かすということ。反対方向、すなわち損失が拡大する方向に損切り注文をずらすことは、絶対にしてはいけません。FX入門者や初心者の方はこの点だけは確実に覚えておいてください。

 

FX入門〜初心者必見の必勝原則10. 為替相場では複数の時間軸チャートを使って売買の判断!

FX入門者や初心者の方が実際に取引を行う時には、複数の時間軸のチャートで判断するということを忘れないでください「複数の時間軸」というのは、例えば、「日足」や「週足」で大まかな動きを捉えて、「60分足」で的確にタイミングをつかむということです。実際にチャートを見てみましょう。

 

図33 複数の時間軸を比較して相場動向を判断!
図33 複数の時間軸を比較して相場動向を判断!

 

 

図33の60分足だけを見るとFX入門者や初心者の方は上昇トレンドと判断されるでしょう。しかし日足では、大きく下げた後に少し戻しており、大きな下落トレンドにある可能性が読み取れます。

 

上昇トレンドを捉えるチャンスに思えますが実は60分足の天井圏であり、買いでエントリーすると、その後の下落で損失を出すことになってしまいます。

 

こうしたミスをしないためにも、FX入門者や初心者の方でさえ「日足」や「週足」など長期的なスパンを捉えたチャートで大きな流れを掴み、60分足で細かいタイミングを捉える必要があるのです。

 

FX入門者や初心者の方は「売り」「買い」の決断をする時は、必ず複数のチャートのチェックを行なってください。この作業を実践することで的確なタイミングでの売買ができるようになり、トレード技術が格段に向上するはずです。

FX入門〜初心者必見の必勝原則11. 為替相場では大局観を持つ!

最後にお伝えすることは非常に大切ですので、FX入門者や初心者の方はよく覚えておいてください。それは、為替(FX)相場においては、「大局観を持つ」ということです。大局観とは、全体の大きな流れを見る目という意味です。為替(FX)相場は、常に上下動しています。一方向に進み続ける相場というものは、存在しません。必ず、細かい上げ下げがあります。

 

それでも長い目で見れば、為替(FX)相場が向かっている方向性が、何となくつかめることがあります。「方向性」とは、将来的に上昇しつつある相場なのか、下落に向かう相場なのかということ。この流れをつかむには、やはり長期的なスパンで為替(FX)チャートを見ることです。

 

週足や日足で時間をさかのぼれば、大まかなトレンドをつかむことができるのです。

 

FX入門者や初心者の方がトレードする際には、この大きな流れに逆らってはいけません大きな波が来ているのにその中の小さな波に乗ろうとすることは、自殺行為です。細かい上げ下げに影響されて思わぬ損失を出さないためにも、大局観を持つことを心がけるようにしてください。

 

第9章からの練習問題では、日足と週足を採用しています。FX入門者や初心者の方には、日足で細かい動きを見極める力をつけ、週足で大局観をつかむ力を身につけていただきたいと思います。

 

当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。

 

記事のSNSでの拡散へのご協力、よろしくお願い致します!