Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

FX入門〜初心者はピラミディングでは利確地点を最初の地点からずらす!


FXではいかに大きく勝つかが重要なのでピラミディングは必須!

 

登場人物 


Fさん

FX入門者から初心者脱却を目指す方向けにプロの手法を紹介する第7章の第10回目はFXでの勝利にはピラミディングが必須という講義でしたね。

 

FXでは勝てるときに大きく勝たないといけないので、簡単に利確せずに、思い切ってピラミディングをすることが必要ということですね

 

先生は例をあげて詳しく解説されていますが、一気に2~3円を抜けるチャンスなどほとんど巡ってこないのだから、最初のポジションをホールドしてクローズするだけではダメだというのはよく分かります。

 

特に昨年からレンジ相場が続くことが多いので、この言葉が強く実感されますよね。

 

個人投資家が上乗せするのは逆張りのナンピンのケースが多く、プロは順張り!

 

そして、プロの為替(FX)ディーラーは順張りでチャートポイントを抜けたらポジション量を増やしてトレードしているが、個人投資家は反対で、予想と逆に動いた際に逆張りナンピンのケースがほとんどという解説は痛かったです

 

かつての自分が思い出さされました….。

 

やはり入門者や初心者とプロや上級者との違いは、心理コストが大きいか小さいかで、入門者や初心者はすぐに利確してしまうが、プロや上級者は利確するどころか上乗せしているということなのだと気づかされました!

 

改めてピラミディングの重要性が理解できました。

 

頭ではわかっているのですが、正直なところ、実際はなかなかできていないですからね

X君

確かに、心理コストの大小の違いがプロと入門・初心者の違いなのかも。

 

Fさんはそういう所によく気づくけど、それがあまり結果に結びついていないのが残念ですね。

 

頭ではわかっているけど体が理解していないというやつですよね?

 

FXでは利食いポイントは最初に決めず、転換点を見極めてから!

 

ところでFXでは利食いポイントは最初に決めないで転換点を見極めてからとありますが、そうだったんだとようやくわかった気がします。

 

エントリーポイントをまず決めて、次に逆指値の損切りポイントを決めるOCO注文を習慣化させるという会話を前回したわけですけど、エグジットポイントまで決めてIFDOCO注文にするべきなのか実はよくわかっていなかったんです。

 

やはり通常は損切りのための逆指値注文だけを入れておけばよくて、トレンドの強さを見ながら利確ポイントは決めればいいのだとようやく分かりました

 

転換点をまず見極めてそこで利確する、そして全量にするか一部は残すかはその時の勢いで決めるということですね、前々回でしたっけ、Fさんが言っていた通りでしたね、見直しました!

Fさん

ありがとうございます、私もあの時気付いたわけなので、大差ないですよ。

 

FXではピラミディングは2回までで、量は最初のポジション量より少なく!

 

そして、ピラミディングは多くても2回までということですが、これはいくら儲けるときに儲けろと言っても、3回目だと平均単価が上がってしまい、転換点を見誤ったら利益がなくなるどころか損失につながる可能性があるからですよね。

 

リターンよりもリスクを重視するということは理解できているのでこれは大丈夫です。

 

というか、ピラミディングを1回できたらいい方で、2回なんて恐らくしたことがないと思います。

 

そして量は最初のポジションよりも小さくというのも、リターンよりもリスク重視と考えると納得できます

 

量は最初のポジションの半分が基本と読んだ記憶があるのですが。

 

最初のエントリー時のポジションを多くすることも重要!

 

次に最初のポジション量を多くすることが重要だと書かれていますが、今井先生の出されたAさんとBさんの例では米ドル円で100万ドルのポジションを購入しているわけで、驚きました!

 

数万通貨から10万通貨ぐらいで最近はトレードしているので、100万通貨の例を挙げられても多いのか少ないのかよくわからないですよね、ピラミディングしていないAさんでさえ一回の利益が100万円ですから!

 

やはり元プロの方の取引レベルは桁が違うのだなと勉強になりました。

 

当初のポジション量が小さすぎると利益が小さいために買い乗せ(売り乗せ)を繰り返すと平均コストが上がってしまうのでダメというのは、回数は2回までと同じ事ですよね。

 

ポジション量が小さいと放置してしまうというのもわかります、例えば取引単位が1万通貨ならば一円取られても1万円の損だとか思っちゃいますから。

 

そしてもう一つ重要なのは、ピラミディングするたびに、逆指値注文の位置を最初のレートとピラミディングしたレートの中間点にずらしていくことですよね。

 

そうすれば、最初のポジション量がピラミディングのポジション量の倍だとすると、確実に儲けられますから!

 

これも必ず実行していきたいです!

 

 

当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。

 

記事のSNSでの拡散へのご協力、よろしくお願い致します!