Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

FX入門〜初心者におすすめ!ピラミディングは最初の量の半分で2回まで!


FX入門〜初心者もいかに大きく勝つかが重要なので、簡単に利食わず上乗せする!

 

FX初心者脱却を目指す方向けの、資産運用・分散投資としてのおすすめ始め方・やり方講義第7章の「今井流FX常勝売買手法中級」の第10回目は、FXでは利食いは大きく、ピラミディングは2回までについての解説です。

 

FXにおいては、利食い(収益確保)は損切りとは逆で、いかに大きく勝つかが重要となってきます。予測が当たりトレンドに乗った場合に、入門者や初心者の方は特に簡単に利食うのは避けるべきでしょう。ここは、取引量の上乗せで攻めることがポイントです。

 

上乗せをし、さらに予測した方向に相場が動き続ければ、ポジション量が多い分、自動的に収益も大きくなります

 

FX初心者の方にも可能なピラミディング(上乗せ)とは

 

この取引手法が、「FXでは順張りでピラミディングが基本だが、入門〜初心者は転換点と量には注意!」の項で触れた、ピラミディングという手法です。ここでは、例を挙げて、詳しく解説していきます。

 

図12 上乗せのイメージ
図12 上乗せのイメージ

 

FX入門者のAさんと初心者のBさんは共に1ドル=90円で、100万ドルの買いポジションを持ちました。その後予測通り相場は上昇し、1ドル=91円近辺のレジスタンスラインを抜けてきました。まだ上値が望めそうな状況です(図12参照)。

 

Aさんはホールドしましたが、知識がAさんより勝るBさんは、91円を抜けた瞬間に100万ドルを買い増しました。その後相場は1ドル=92円に達しました。

 

ここで二人の評価益を見てみましょう。Aさんは最初の1取引のみでポジションをキープしたわけですから、評価益は、100万ドル×(92円−90円)=200万円となります。Bさんは1ドル=91円でポジションの上乗せを行なったわけですから、評価益は、①100万ドル×(92円−90円)=200万円、②100万ドル×(91円−90円)=100万円の合計で300万円となります。Aさんの1.5倍の収益となるわけです。

 

Aさんのように、予想どおりに相場が動いても最初のポジションをホールドし続けるだけで、いつクローズするかのみを考えている方は、入門者や初心者の方には多いでしょう。しかし、これではせっかく勝てるチャンスがあっても、大きな利益を上げることはできません一気に2〜3円を抜ける機会は、ほとんど巡ってこないのですから。

 

だからこそ、初心者の方であっても、ピラミディングで収益拡大に努めたいところです。

 

小さな取引量のままいたずらにエグジットポイントを引き延ばすのではなく、チャートポイントを抜けたら勇気を持ってポジションを拡大させ、攻めるのです。為替(FX)取引のプロは、ポジション量の上乗せをしてトレードしています。

 

個人投資家、特に入門者から初心者のみなさんが上乗せをするときは、予測を間違えて逆方向に動いた際のナンピンのケースが、ほとんどです。繰り返しになりますが、これは、絶対にお勧めできません

 

FX入門者や初心者も利食いポイントは最初に決めず、まず転換点がどこかを見極め、さらにトレンドの強さによりどれだけ決済すべきかがポイント!

 

さて、FXでは利食いはどこで行えばいいのでしょうか。それはチャートポイント、つまり相場の転換点で行います。基本的に、FXでは取引する前に利益目標を想定して利食いをするわけではありません

 

たとえば、買いでエントリーした場合は、上昇トレンドが終わり下げに転じる転換点がエグジットポイントとなります。売りの場合は、その逆です。

 

利食いは、まず転換点=タイミングがどこであるのか、さらには、どれだけ(全てか一部のみか)を決済すべきかを判断することが、難しいのです。その実践的手法については、第8章で触れています。

 

FX入門〜初心者必見!ピラミディングは多くて2回までで、量は最初のポジションより少なく!

 

FX入門者や初心者の方に是非覚えて頂きたいピラミディングにおいて重要なことは、上乗せするときのヴォリュームは最初の量を超えないようにすることです。また、通常の相場展開では何度も上乗せができないと考えるべきでしょう。多くて2回までと思ってください。

 

もしも最初の量よりも多い量でピラミディングをしたり、3回以上も上乗せをするようであれば、当初のポジション量が小さすぎたのか、チャートポイントなど関係なくポジション量を増やしているのかのどちらかです。初心者の方にありがちなミスですが、リスクを大きくすることになってしまい、お勧めできません。

 

FX入門〜初心者は最初のエントリー時のポジション量を大きくする事もポイント!

 

当初のポジション量が小さすぎると、せっかくトレンドに乗っても評価益が小さいため、むやみに買い乗せ(売り乗せ)を繰り返すことになりがちです。結果として、保有するポジションの取引参入レートの平均値である平均コストを、上げる(下げる)ことになります。早い段階で市場の流れが変わってしまった場合には、損切りまでの幅が小さいのですぐにストップロス決済となり、結局利益が上げられずに終わることとなります。入門〜初心者にありがちなミスなので気をつけてください

 

また、ホールドするポジション量が小さいと判断が甘くなるので入門〜初心者の方は特に放置してしまう傾向がありますが、これもリスクが大きく賛成できません。予測と逆方向に動いた際に損切りを機械的にせず、最悪のケースではFX会社の強制決済となってしまうことがあるからです。

 

反対にうまくトレンドに乗ったときに買い乗せへの誘惑は逃れたとしても、当初の小額ポジションだけで大きな収益を求めることになり、利食いを引き延ばすことになりがちです。そのうち流れが反転し、利益が上げられただけでもよかったという結果に終わってしまいます。

 

FX入門者や初心者も利食いポイントをピラミディングのたびに、最初のエントリーポイントとの中間点にずらすことを実行する!

 

ピラミディングは2回まで、量は最初のポジションの半分で、ピラミディングのたびに利食いをするポイントを最初のレートとピラミディングしたポイントの中間にずらす、FX入門者や初心者の方は、この3点がポイントだと覚えておいてください。

 

当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。

 

記事のSNSでの拡散へのご協力、よろしくお願い致します!