Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

FX入門〜初心者の勝利には多数派や曲がり屋と反対に行動することも重要!


他の投資家の心理を推理することや実際の声を聞く事がFXでは大切!

 

FX入門者から初心者脱却を目指す方向けの、資産運用・分散投資としてのおすすめ始め方・やり方講義第6章「今井流FX常勝売買手法初級」の第13回目は「FX入門〜初心者におすすめ!既にエントリーした投資家の願望混じりの行動の逆を取る!」でも触れた曲がり屋や多数派と反対の行動を取るべきとの解説です。

 

さて、前回の末尾でFX(為替)相場参加者の会話を想像してみたわけですが、こうした他の投資家の心理を推理することが、FXでは大切です。推理力が高まれば高まるほど、急上昇している相場にひとり売り向かって大きな損失を出すということはなくなるでしょう。

 

プロの為替(FX)ディーラーがどんな会話を交わしているのかを想像するのに、高度な心理学の知識も、盗聴器も必要ありません。なぜ為替(FX)相場に参入するのか、その理由はプロも個人投資家も同じです。利益を上げたいという一点です。そのためにはどう行動するだろうかと想像してみるのです。

 

想像だけでなく、実際の声を聞くことも、もちろん非常に参考になります。銀行のディーリングルームには、通常10人以上のディーラーがいます。それくらいのサンプル数があれば、相場の多数派の意見が類推できます。

 

多数派と反対の行動を取る事が大事!

 

「そろそろ買う?」と周囲に聞いてみて、「もう少し下がったら押し目買いかな」という意見が多数派だったとしましょう。そのとき、私ならば、すぐに買いポジションを持ちます。押し目を待ちません。「押し目待ちで買い」という意見が多数派のときは、得てして押し目をつくらずに上昇していくからです。

 

逆に、大多数が「上がる」と言っていて、しかもすでに買い持ちである場合、これは「上昇する」という予想ではなく「上昇してほしい」という願望であることが多いのです。こうした場合は、願いむなしく下落する確率が高いので、買い持ちだったなら精算、ポジションをとっていないのなら売り場を探します

 

個人投資家はFX仲間を作ったり、掲示板等を利用して多数派や曲がり屋の意見を集めるべき!

 

ディーリングルームに出入りできない個人投資家のみなさんが、こうした多数派の意見をどこから集めるべきでしょうか。それは、FX仲間をつくることです。FXの掲示板を利用するのも一つの手です。また、近年では元または現役のプロの投資家によるFX見通しも多いので、彼らの意見を日ごろからチェックしておくのもいいでしょう。

 

また、為替(FX)のプロの間では曲り家」と呼ばれるネガティブインディケーターとなってくれる投資家を見つけることもお勧めします。相場では「曲がる」とは予想を外すことです。論理的で、理路整然と考えるのに、なぜかいつも予想を外す投資家というのは、不思議なことにどこにでもいるものです。こうした「曲り家」が周囲にいると、中途半端なアナリストの意見を聞くよりも、よほど頼りになります。「彼が上がると言っているのなら売りだな」と判断して利益を上げることができたのは、一度や二度ではありません。

 

テクニカル分析とファンダメンタルズ分析が一致したときが簡単な相場だと前述しましたが、これに多数派や曲り家の意見も加わると、精度はさらに高まるでしょう。この4つはどれも同じ事柄をそれぞれ異なる角度から見ているような関係ですが、併せて判断することで、ミスを減らすことができます

 

当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。

 

記事のSNSでの拡散へのご協力、よろしくお願い致します!