Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

FX初心者はトレンドに気づけても行動できないと意味がないので注意!


FX相場には流れができるのには理由があるの脱初心者向け概論

登場人物 


Fさん

FX入門者から初心者脱却を目指す方向けの「今井流FX相場観作成手法」講義の6回目は、FX相場には一方向への流れができるが、それには理由がある、それを見逃すなという講義でしたね。

 

まず理由の一つとして為替政策の転換があったときが例示されていますが、今井先生の挙げられている黒田バズーカももちろんですが。、2017年末のECB政策会議でのドラギ総裁による2018年末でのQE終了のアナウンスによるユーロ高が思い出されました。

 

また、通貨危機といえば、1997年のアジア通貨危機を連想しました。

 

1年も続く大相場というのはFXでは記憶にありませんが、株式相場でしたらリーマンショック後の2009年から昨年まで9年半も続いたダウやナスダックやS&Pの大相場が思いつきました

X君

トレンドが一定期間続くことも年に2、3回は起きる!

 

はい、僕は投資経験も短いので、1年も続く相場というのは体験してないですね〜。

 

2~3ヶ月続く相場というのは、2018年初頭にも110円台から105円ぐらいまで下落したわけですし、よく分かります。

 

そして、昨年の利益の殆どは「 FX入門・初心者おすすめ!FXで取引可能な4種類の通貨の比較」でご報告したようにこの105円半ばでロングして112円台まで3ヶ月ほど我慢して持っていたポジションのおかげなので、こうした数ヶ月続くトレンド相場に乗ることがFXでの勝利の秘訣だという事も理解しているつもりです。

 

今年はFさんの言われているように、ブレグジット延期または2度目のレファレンダムによるポンドのラリーと3月に向けての円高の流れがあれば、乗れるように気をつけていきたいです。

Fさん

アッと気づけても動けないと意味がない!

 

はい、X君の言う通りで、今度こそは乗り遅れないようにと気をつけています。

 

連想ゲームで相場観取得と債券王ガンドロック氏の19年相場予測」で書いたように、11日の2019年3月のブレグジットの延期の噂によりポンドが急騰した際は、週末だし15日の議会での投票前という事もありエントリーは見送りました。

 

ところが前回紹介したブルームバーグ英語版の記事で離脱延期の場合が50%で1.30、2度目のレファレンダムの可能性は25%でポンドドルは1.35があったわけですので、14日に1.28549で試し買い、16日(イギリス時間では15日)の投票中に1.27285のディップがあったのでピラミディング、そして投票後の16日朝9時に1.28551でさらに買い増しをしました

 

離脱延期の可能性が高いようなので、1.30に指値を置いたのですが、18日の夜中に1.299台まで行ったのですが18時現在は1.294です。

 

やはり、1.30に大きなポジションがあったのだと思います、1.299にしておくべきでしたよね、そうじゃなくても1.30は区切りが良くてポジションが置かれやすい値ですので。

 

今回はちゃんと動けたのですが、指値をおくポイントを失敗しました。

 

逆指し値は1.27に置いているので、指値を1.299に落としてもう少し粘ってみます。

X君

大相場ではテクニカルは通用しない

そうなのですね!

 

僕はポンドについてはよく分からないので、もっと流れがはっきりしてからにしようと思い、今回はまだノーポジでした。

 

確かに、1.30の少し下に指値をおくべきだったかもしれませんね。

 

今日は週末なので、僕だったらもう利益は出ているので、ロンドンフィキシングまでには利益を確定しますけどね。

 

ところで、大相場ではテクニカルが通用しないというお話は、トレンドができるとどんどん一方向に動くので、オシレーター系の指標は売られ過ぎとか買われ過ぎを示すだけで役に立たないという事ですよね?

 

「 FX初心者必見!トレンド相場ではファンダ、ボックス相場ではテクニカル!」で先生が解説されていたのを覚えていました。

 

これにも気をつけるようにします!

Fさん

 

いやあ、確かにX君のいう通りですよね、離脱延期を支持するとEUのバルニエ首席交渉官も言っているし、延期確定かなと思っていたのですが、何が起きるか分からないですからね。

 

やはり、まだ慎重さが足りないようです。午前1時の時点で手仕舞います!

 

当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。

 

記事のSNSでの拡散へのご協力、よろしくお願い致します!