Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

FX初心者は五十日と月曜、月末の東京仲値で儲け、IMM先物ポジションに注意!


東京仲値は五十日はもちろん、特に月末が狙い目!

 

登場人物 


 

Fさん

FX入門者から初心者脱却を目指す方向けの「今井流相FX場観作成手法」講義の12回目は、東京仲値シカゴIMM通貨先物市場に関する講義でしたね。

 

まずは東京仲値ですが、東京時間の9時55分に決まる対顧客取引のベースとなるレートということ、通常は外貨買いとなるので、8時〜9時くらいからドル円やクロス円を買えば儲かることぐらいは知っていました。

 

五十日に大きく動くと思っていたので、いつも忘れるのですがたまたま覚えていた時にカレンダーに入れておいて、その日までのトレンドが円高気味の時に時々トレードしていたぐらいです。

 

月曜日や、特に月末が重要ということまでは知りませんでした。

X君

月末はロンドンフィキシングよりも五十日が確実!

 

そうなのですね、僕は元プロの為替ディーラーの本だけを何冊か読んでいたので、五十日はもちろんですが月末が一番重要な事は一応知っていました。

 

今井先生が「 FX初心者必見!G7、G20後の月曜朝の短期筋の仕掛けとロンドンフィックス」で指摘されていましたが、ロンドンフィックスはどちらに動くか分からないようですが、東京仲値は月末は円安になる確率が高いような気がします。

 

個人投資家でも東京仲値の特性を利用してトレードしている方がたくさんいると先生も書いていらっしゃるので、Fさんが五十日をうまく利用できなかったのはやはり元プロの本を読んでいなかったからでしょうね。

 

僕の場合は以前も話しましたが、この五十日や月末の東京仲値でだいぶ稼がせてもらいました、でも週明け月曜日の朝までは注意していませんでした、五十日が休日の場合の月曜日はトレードしていましたけど。

 

新規建て外貨信託の影響で円安になることまでは知らなかったので、どの通貨が特に上がるのかまでは分からずに取引していたようです。

Fさん

はい、五十日よりも、イギリス好きなのでロンドンフィックス、しかも月末のみ勝負していたので、あまり勝てなかったようです。

 

今後は五十日や月末の東京仲値でレバレッジを高くしてトレードしてみることにします、とりあえずスマホの20日、25日、28日のカレンダーに東京仲値入れました!

 

シカゴIMM通貨先物ポジションは要注意

次に、シカゴIMM通貨ポジションについての解説がありますが、これについては「FX入門・初心者は新年、GW、お盆前はミセスワタナベ狩りに注意!」で書いたように2011年の東日本大震災の際にミセスワタナベ狩り(現在はフラッシュクラッシュと呼ばれることが多い)にあって以来、必ずウォッチするようにしています

 

先生の解説にあるように、ヘッジファンドなどの短期筋のポジションの偏りが分かるので重要ということも理解してます、ただし金曜に発表されるのは火曜のデータなので、その間に相場が大きく動きた時は要注意ということですよね。

 

先生が図2で解説している例では円高方向に進んでいる時に円買いポジションが3倍にもなっているので、通常のミセスワタナベのポジションである外貨買いとは反対の動きということですから、ミセスワタナベ狩りは気にしなくていいことになりますね。

 

ただし、ポジションが円高に偏っているので、短期筋がドル買い=ドル高を仕掛けるフラッシュクラッシュには気をつける必要があるので、こうした際は必ずストップロスオーダーを入れるということですね。

X君

豪ドル/ドル買いは騙しだったか?

 
はい、ストップロスオーダーは基本ですから〜。

 

ところで、米中貿易戦争の高官会議はワシントンで今週開催となり、貿易赤字額の減少と米国製品の購入については進展があったようで、15日金曜の米国株、18日月曜の日本株が大きく上昇し、リスクオンムードになってきましたね。

 

結果として円安になりましたけど豪ドル円はどうされましたか?

Fさん

それが、金曜日というか土曜日の夜中1時に78.71円でロスカットしてしまいました。

 

最近は久しぶりに負けていますが、おかげさまで100pips以下で損切りできているので、精神的なダメージが全くないのが嬉しいです。

 

今週はまだ米中貿易摩擦の交渉も続きますし、日本の投資家によるレパトリがあるとしてもまだドルを売る気にはなれないですよね

 

豪ドルも上海株が上昇して強いので戻り売りする気にはならず、ポンドはブレグジットがどうなるか不明、ユーロもイタリアに続きドイツもリセッショ入りで売りかと思ったらドルに対して上昇しています。

 

18日に豪ドルの日足でローソク足EMA21線を上にブレイクしたので試し買いしたのですが結果的に、十時線となり19日は21線を割り込み下落しています。

 

騙しだったのかもしれません、やはり今井先生のおっしゃる通り、ついてない時は休むも相場ですね、失敗しました

 

X君

 

そうですね、僕は米中貿易摩擦の会談が延期されて、どちらに転ぶか分からないこうした時にはポジションは基本もちません、Fさんは負けを取り戻そうとして焦っていて、また少しポジポジ病気味なのでは?

 

前回に続いてノーポジなので、今週の会談終了後に大きく上昇したら戻り売りするかもしれません。

 

前回と方針は変わってないです!

当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。

記事のSNSでの拡散へのご協力、よろしくお願い致します!