Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

FX入門者〜脱初心者必見!〜相場の1日の動きとパターン〜

FX入門者〜脱初心者必見!〜相場の1日の動きとパターン〜

ここまで、年間を通じての大きな流れのなかでの、為替(FX)市場への変動要因について考えてきました。今回はFX入門者や脱初心者を目指す方向けに、1日のなかでの動きについて、見ていきましょう。これについても年間の動きと同様に、FXを行う際には是非とも知っておくべき知識の一つといえるでしょう。

 

ご存じのとおり、為替(FX)マーケットは世界が数珠のようにつながっていて、24時間ずっと動いています。そこで、1日を区切るため、ニューヨーク時間の午後5時を1日の終わりとしています。

 

東京(日本)時間でいうと、冬時間と夏時間で1時間のズレが生じますが、月曜日のニュージーランドのウェリントンマーケットがオープンとなる朝4時(夏時間は5時)から、米国ニューヨークマーケットがクローズとなる土曜日の朝7時(夏時間は6時)までとなります。

 

では、1日の動きについての一般的なパターンを、日本時間に合わせて説明していきます。

 

明け方
ニュージーランドのウェリントン市場、ついでオーストラリアのシドニー市場からなるオセアニアマーケットの時間帯。この段階ではまだ参加者そのものが少ないため、何か特別なことがない限り、為替(FX)相場はあまり大きくは動きません。

 

週末に重大ニュースがあるとたまに月曜日には変動が見られますが、その後元にレートに戻るフェイクであることも珍しくありませんので、注意が必要です。

 

早朝
朝8時くらいから東京のディーラーたちが参加し始め、取引が徐々に活発化していきます。とくにニューヨークマーケットの午後遅くつまり日本時間の明け方に大きなニュースがあったときなどは、ヘッジファンドがある程度の流動性が確保されるこの時間帯まで待って取引を仕掛けてくるため、マーケットは非常に大きな動きをみせることがあります

 

午前中
午前中の山場は、公示レートが発表されるいわゆる東京仲値算定の9時55分までです。この時点で決められた公示レートでの売買が企業から持ち込まれるため、ドル買いが多い日はドル高円安に、ドル売りが多い日はドル安円高になりやすいです。そしてこの時間を経過すると、徐々に市場は落ち着きを取り戻します。



 

午後
ニューヨーク勢も眠りに入り、マーケットはますます静かになります。ちなみに、この時間帯は東京の為替(FX)ディーラーにとっては、昼食後の睡魔に襲われる時間帯でもあります。

 

そして、午後4時(夏時間は午後3時)頃になると、欧州勢が為替(FX)市場に参加し始め、再び取引が活発になっていきます。午後5時(夏時間は午後4時)にフランクフルトなどのヨーロッパマーケット、世界最大であるロンドンマーケットがオープンします。その後3〜4時間は、ロンドンの午前中にあたる時間帯です。

 


日本時間の午後9時(夏時間は午後8時)前後から1〜2時間は、ロンドン市場も昼時になるため小休止。その後、ニューヨークマーケットが開く午後10時(夏時間は午後9時)くらいから、ロンドン市場で金の取引価格が決められるロンドンフィキシングの午前1時(夏時間は午前0時)に向けて、トレードが本格化していきます。

 

夜中の午前1〜2時(夏時間は午前0〜1時)くらいまでが、最も激しく為替(FX)市場が動く時間帯です。

 

深夜
日本時間の午前2〜3時(夏時間は1〜2時)くらいになると、1日の仕事を終えたロンドンのトレーダーたちがビールを飲みにパブに繰り出すため、為替(FX)市場は再び落ち着きを取り戻します。

 

その後は午前7時(夏時間は午前6時であるニューヨーク時間の午後5時)に向けて1日のポジション調整が行われ、その影響で多少値動きが見られるものの、基本的に取引そのものは閑散となっていきます。

 

以上がおおまかな1日の流れになりますが、私自身は東京時間でいうと午前8〜10時、午後4〜8時(夏時間は午後3〜7時)、午後10〜午前2時(夏時間は午後9〜午前1時)の時間帯を集中的に見るようにしていました。最も為替(FX)が大きく動く時間帯であり、それだけ利益獲得のチャンスもあれば、逆に損失を被る恐れのあるタイムゾーンだからです。

 

次に、短期間の為替(FX)相場変動のなかでよく見られるパターンをいくつか紹介しておきましょう。まず、政治関連で相場に影響がありそうな材料が出たときです。一般的に、日本人は政治ネタに鈍感だといわれますが、私も同感です。逆に、アメリカ人は政治ネタに対して、異常に反応します。ヨーロッパ人はといえば、中間くらいのイメージです。

 

たとえば、東京時間に日本の政治に関するニュースが出て、それが円安材料だったとしましょう。大きく為替(FX)相場が動くと思いきや、東京では目立った反応が見られません。そこで、あまりマーケットには関係がなかったのかと諦めると、ニューヨークマーケットに取引の中心が移ってから円安になったりします。

 

ニューヨーク時間にニュースが報道されたケースでは、真逆の展開となります。円安要因になりうる政治ネタが出た場合には、ニューヨーク為替(FX)マーケットでは、直ぐに反応して円安が進行し、その流れを受けて東京時間を迎えるわけですが、日本人は反応しません。それを見てがっかりしたアメリカのヘッジファンドが、失意のなか円を買い戻すため、円高に振れることとなります。

 

ここで得られる教訓は、「それぞれの国民性によって、同じ材料に対する反応が違う」ということです。

 

次も、東京と他のマーケットとの動きの違いに起因するケースです。近年、東京マーケットは、他の市場に比べて静かだといわれます。ロンドンマーケットと取引が重なる午後4時くらいからは動きが出てきますが、それ以外は基本的に閑散状態です。

 

たまに、東京時間の早朝から為替(FX)相場が動くケースがありますが、あまり信用できない場合が多いです。東京時間の早朝にいきなり円高ドル安が加速したと、仮定してみましょう。その後、取引の中心がロンドン、ニューヨーク市場に移っていくと反応が鈍くなり、それどころか、元のレートに戻ってしまうことがよくあるのです。

 

とくに、月曜日の朝にこうした動きが見られた場合は、注意が必要です。短期筋が、損切りや逆指値注文を成立させるために仕掛けていることが多く、その後のロンドンやニューヨークマーケットで彼らが反対売買を行い、相場が元に戻ってしまうケースが多いからです。

 

ここでの教訓は、「東京市場の早朝に為替(FX)市場が大きく動いたときは、あまり信用しないほうがいい」ということです。

 

政治にしろ、経済にしろ、為替(FX)相場に影響をおよぼしそうな材料が出たときに、その材料が相場にどう影響するのかを見極めるためには、その瞬間の動きで判断してはいけません。少なくとも、その材料が出てから世界を1周してくるまでは、本当の判断はできません。さらに、世界を2周するまで同じ流れが続いたらその流れは本物である確率が高いと考えてよいでしょう。

 

繰り返しになりますが、為替(FX)マーケットにおいてのある材料に対する判断は、世界を1周してから初めて行うほうがよい、と心得ておいたほうがよいということです。

 

当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。