Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

FX入門者〜脱初心者必見!〜海外の為替相場の季節要因とは〜

FX入門者〜脱初心者必見!〜海外の為替相場の季節要因とは〜

続いて、FX入門者から脱初心者を目指す方向けに、これもFXでの勝率を上げるのに必要な、海外の季節要因について考えてみましょう。

 

日本と海外を比べるポイントは、2つあります。ひとつは、企業の決算時期などの違い、もうひとつは、各国の休日の違いです。

 

前項で触れましたように、日本では3月決算の企業が多いのですが、欧米では12月決算が通常であり、1月から12月までの暦年(カレンダーイヤー)を年度としています。さらに、ほとんどの企業が四半期決算を採用しています。

 

日本はまだまだ中小企業を中心に半期決算の企業も多く企業が決算に向けて為替取引をするのは2回となりますが、欧米の市場慣習に合わせて四半期決算を行う企業も、上場企業を中心に増えてきています

 

機関投資家は、決算に向けてポジションを縮小することが多いため、為替(FX)相場も決算手前の時期はそれまでと反対の動きをすることがあります。具体的にいうと、3月、6月、9月、12月のそれぞれ上旬から中旬がこの時期にあたります。

 

とくに年度の最終月である12月がもっとも重要です。

 

逆に、期初に相当する1月、4月、7月、10月になると、新ポジションを積極的につくり始めます。日本が正月休みの間に海外で大きく為替(FX)相場が動くのはそのためです。

 

では、一般企業はどうでしょうか?トランプ大統領の就任以降はよくニュースとなるので気付かれている方も多いと思いますが、米国では国内の雇用問題が政治問題化するほど、日本以上に多くの企業が海外に拠点を移してしまっています。いわゆる企業のグローバル化に伴う国内産業の空洞化です。



 

こうしたグローバル企業は、年度の締めの時期が近づくと、海外拠点で計上した利益を本国である米国に送金します。前述したいわゆるレパトリエーションです。つまり、為替(FX)相場においては12月になるとドル買いが多く発生し、ドル高要因となるのです。

 

次に、休日をはさんだ為替(FX))相場の動きを見てみましょう。米国で最も大切な休みといえば、11月末のサンクスギビング(感謝祭)とクリスマスです。日本のお正月に当たるニュー・イヤーは元日こそ休日ですが、それ以外は通常どおりのウィーク・デーのため、為替(FX)市場は普段と変わらずオープンしています。正月はあくまでも日本独自の休日、と考えたほうがいいのです。

 

サンクスギビングやクリスマスの直前は、ポジションを縮小する動きがしばしば起きます。とくに12月は欧米系のディーラーらは長期休暇に入ることが多いため、市場の流動性が薄くなりがちです。休暇前までに大きなポジションの整理を済ませておきたいとかれらが考えるため、12月の第1週〜第2週は注意が必要です。サンクスギビング前の11月中旬や、特にクリスマス前の12月上旬から中旬はポジション調整の時期だ、と覚えておくのがいいでしょう。

 

私の経験上では、12月から翌年の2月のあいだに為替(FX)相場に大きな変化が現れるケースが多いように思います。その理由は、以下のとおりです。

 

12月上旬から中旬にポジション調整が行われ、市場が閑散とした状態となります。そのなかで、静かにかつゆっくりとトレンドができ始めます。1月に入って市場に欧米系のディーラーなどビッグプレイヤーが戻ってくると、一気にブレイク。その後1〜2ヶ月にわたって大相場が続くーという流れとなるからです。

 

その他、欧州では、毎年日程が大きく変わるので複雑なのですが、3月末から4月末の間、春分の日後最初の満月の次の日曜日にかけて、イースター(復活祭)休暇があります。この間、米国為替(FX)市場は開いていますが、アメリカ人もあまり取引をしたがらないので、静かな相場展開となります。

 

また、中華圏では旧正月が非常に重要で、シンガポールや香港為替(FX)市場が休場となります。そのため、東京(アジア)時間は為替(FX)市場が静かになる傾向になることも、頭に入れておくといいでしょう。

 

当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。