Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

FX入門〜脱初心者必見!〜日本の為替相場の季節要因とは〜

FX入門〜脱初心者必見!〜日本の為替相場の季節要因とは〜

FX入門者から脱初心者向けに、今回は日本の為替市場の季節要因について解説していきます

 

為替(FX)マーケットは、人に影響を受けます。したがって、年間を通じた人の移動を把握しておくだけでも、為替(FX)相場の動きを捉えることに役立ちます。たとえば、「夏や年末には海外旅行に出かける方が急増するので円を外貨に替える需要が高まり、為替(FX)相場が動く」、というようにです。

 

まずは、日本人の行動パターンから、為替(FX)相場の季節要因について、考えてみましょう。

 

ご存じのとおり、日本にはボーナス・シーズンというものがあります。6月と12月です。この時期、各金融機関は一斉に金融商品のキャンペーンを行います。その結果、金融商品に資金が集まりやすくなります。外貨建て金融商品のキャンペーンも行われ、外貨買い・円売りがまとまって出ることもあります。

 

したがって、6月と12月の為替(FX)相場においては、ボーナス要因で円安が進みやすいと考えることができます。

 

また、海外旅行によって生じる外貨需要も無視できません。日本人は、ゴールデン・ウィーク、お盆休み、年末年始に集中して海外に出かける傾向が顕著です。海外旅行にあたっては、円を外貨に替える必要があります。現金を持っていく場合なら旅行前、クレジット・カードを使うのであれば旅行後に、それぞれ円を売って外貨を買うという動きが生じます。

 

旅行のハイ・シーズンの前後の為替(FX)相場でも、円売り・円安が起こりやすくなるわけです。

 

もちろん、こうした個人の外貨取引は、1件だけを見れば為替(FX)市場全体に占める比率は無視できます。ところが、「チリも積もれば山となる」わけで、すべて合計すると無視できない金額となります。



 

たとえば、ある時期に50万人が海外に出発したとします。そのうち半分の25万人はアジア通貨やユーロなどドル以外、残りの25万人はドルに替えると仮定しましょう。1人あたり20万円をドルに替えたとすると、合計で500億円もの円売りドル買いが発生することとなります。その時の為替(FX)相場の環境にもよりますが、500億円もの売りが出れば、50銭程度の円安要因になりえるでしょう。

 

こうした為替(FX)相場における季節要因は、企業、特に機関投資家にも当てはまります

 

例を挙げると、第1章で軽く触れましたが、日本企業の会計年度は通常4月から3月であり、9月に中間決算を行うというのが、特に中小企業では一般的です(大企業は欧米に合わせ4半期決算を行う企業が増えている)。機関投資家の諸々の投資活動も、こうした決算年度に合わせて行われます。

 

まず、4月あるいは10月は期初であり、新規資金を用いた投資が始まります。このうち一定額は海外投資へと向かうので、円売り外貨買いが発生します。通常は月初にいきなり発生するのではなく、2〜3週間後に本格化します。

 

逆に、3月あるいは9月は決算期末であり、その期の投資活動で獲得した利益を確定させるため、海外に投資した利益をいったん国内に戻す動きが出やすくなります。いわゆるレパトリエーションです。つまり外貨を売って円を買う動きが出るので、為替(FX)相場においては円高要因となります。

 

次に、輸出企業や輸入企業を見てみましょう。近年の傾向を見ると、全体的に堅実な運用をしており、年間を通じてコンスタントにリスクヘッジ目的の為替予約をしているようです。

 

ここで、為替予約について簡単に説明しましょう。たとえば、保有しているドルを3ヶ月後に売却する予定があるとします。この時円高が進むと為替差損を被るリスクがあるため、事前にドルの売りレートを予約しておくことで、リスクをなくします。こうした取引のことを指すのです。輸出企業は、海外に製品を輸出し主にドルを受け取ることになるため、ドルの売り予約を活用して為替差損を被るリスクをヘッジするケースが多いこととなります。

 

こうした取引は比較的コンスタントに行われており、あまり季節性はみられません。しかし、ゴールデン・ウィークや夏休みなど長期休暇前には、まとまった取引を行うことがあります。休暇中に為替(FX)相場が大きく動いてしまうと困るからです。

 

日本では輸入企業より輸出企業のほうが多いため、合計すると外貨売り・円買い取引のほうがどうしても大きくなります。その結果、たとえばゴールデン・ウィーク前には個人は外貨を購入するが、一方で企業は外貨を売却するため、個人の外貨買い効果は相殺されることになります。

 

しかし、近年は外貨売り注文を置いたまま休暇を迎える企業が増えてきているため、長期休暇の前にまとまった外貨売りが出ることも少なくなってきたようです。そうなると、個人の外貨買い需要に影響され、円安外貨高が進みやすい環境が醸成されている、といえるでしょう。

 

当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。