Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

FX入門者〜脱初心者必見!〜FXではすべては自己責任!〜

FX入門者〜脱初心者必見!〜FXではすべては自己責任!〜

今回の話はFX入門者から脱初心者を目指す方まで、是非ともトレードの最初から身につけて頂きたい勝利の方程式の一つです

 

「自己責任の時代」などといわれますが、FXなどのトレードの世界においてもこれは当てはまります。自己資金をご自身で運営している以上、避けて通ることはできません。ところが、自己責任を頭では理解されていても、体で把握されている方は少ないように思えます。

 

たとえばFX会社などが主催するセミナーで、有名なエコノミストが「今年は円安に向かう」と講演したのを聞き、ドル買い円売りポジションを持った個人投資家の方が大勢いたとしましょう。しかし、円安にならずにどんどん円高が進み損失が膨らんでいくと、「何だよ、彼の予測を信じたのに全然当たらないじゃないか」などと怒りをあらわにする方が、少なからずいらっしゃいます

 

日本人にはとても悪い癖があります。それは、権威に弱いという性質です。名前を耳にした覚えがある有名人の有難い?話を聞くとそれをすぐに信じてしまい、「あれだけ有名で偉い方の予想なのだから間違いがないはずだ」、などと思い込んでしまいます。年齢で比較すると、とくに年配の方に多いようです。

 

かくいう私も、駆け出し為替(FX)ディーラーのころ、こうした失敗を何度となく経験したものです。著名な投資家の話を真に受けてポジションを持ち、大きな損失を出した経験もあります。そうした失敗を繰り返してたどり着いた結論が2つあります。

 

1. その方が有名だという事実と、その予測が当たるかどうかについての相関は、あまりない
2. 他人の予測を真に受けて失敗すると、後悔の念をずるずると引きずることとなる

というものです。

 

年末年始には、「来年(今年)の株や為替(FX)相場予測」といった特集が新聞や雑誌で紹介されますが、こうした予測はあまり当てになりません。実際に過去の為替(FX)相場予測を見返してみるといいでしょう。ピタリ正解という人は、ほとんどいません。

 



しかし、昨年(今年)の相場予想が当たっていたかどうかなど、月日が経てば誰も気にしなくなります。そして次の年末が近づくと「来年(今年)はどうなる?」といった見出しが再び雑誌や新聞を飾り立てるようになります。予測とはそういうものなのです。

 

また予測を立てる場合には大勢の投資家がそれを聞いて納得する理由が必要になるため、どうしても通り一遍のものとなる傾向があります。なぜそのような見通しになるのかという理由を読むと、たしかに理路整然としており、「なるほど」と思わず納得してしまうものです。

 

ところが為替(FX)市場とはそういうものではありません。私たち為替(FX)トレーダー経験者は、マーケットとは理屈どおりに動かないものだと認識しています。「なるほど」と思う話をされても、常に話半分で聞くようにしています。

 

また、市場の参加者であるプロの投資家とは移り気で飽きっぽい性質であるとも、理解しています。私の経験上、同じ材料をテーマに相場が動くのは、せいぜい数ヶ月程度です。それを超えると飽きがきてしまうのです。

 

マーケットが何を次のテーマにするのかは、正直言ってわかりません。忘れかけたころに昔のネタをひっぱり出してくるというのも、為替(FX)市場ではよく見かける光景なのです。

 

FX入門者や初心者の方は、何かしらの材料が話題になり始めた時点から対応していけばよいのです。それで数ヶ月間は稼げるからです。

 

とりあえず1年間の予測を立てたとしても、ご自分の予想とは異なる材料に市場が注目し始めたらその都度見方を修正して対応していくのが、成功する投資家です。FXにおいてはマーケット見通しを的中させることではなく、利益を出すことが目的なのですから。

 

とはいえ、初心者に限らず一般の個人投資家のみなさんはどのようにFXでの相場予測(大きな指針)をもてばよいのかを、理解できないかもしれません。その場合、まずは専門家の意見を聞くのもいいでしょう。

 

肝心なのは、一人ではなく複数の意見を集め、ご自身としてどの方の意見が信用できるかを決める、そして一度決めたらその方がこう予測したからというのではなく、その意見をご自分の中で消化した上で、あくまでも自己判断として行動するのです。

 

その際に大事なポイントは、あまり長期の予測を当てにしないで、せいぜい3〜4ヶ月程度までの相場予想を重視することです。

 

また、FXで負けたのをマーケットのせいにする方も少なくありません。「何で自分が買うと売りのニュースが出るのだ!」「こんな局面で下がるのはおかしい。マーケットが間違っている」などと、誰でも一度は考えると思います。

 

しかし、FXで損失を出したのはあくまでもみなさんが下手だからです。負けるようなタイミングでエントリーしたことが、負けにつながっているのです。

 

あくまでも自己責任であるという事実を理解したうえで、「なぜ自分はそのような悪いタイミングでトレードをしてしまったのか」という理由を、じっくり検証してみるといいでしょう。必ず、何かしら共通の原因が見つかるはずです。

 

FXに限らず、何事もご自身で決定し行動した結果上手くいかなかったのであれば、すべてご自分のせいなのです。FX入門者や初心者の方はまずこのことを頭に入れておいてください。

 

当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。