Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

FX入門者〜脱初心者必見!〜追証とロスカットルール等〜

FX入門者〜脱初心者必見!〜追証とロスカットルール等〜

今回はFX入門者から初心者脱却を目指す方まで、何度も読み返していただきたい重要なトピックです。あまり楽しい話ではないですが、途中で逃げずに最後まで読むようになさってください

 

投資は利益が出ているときは問題ないのですが、損をしたときの対応が難しいのです。それは、株式投資もFXも同じこと。「損切り」をうまくできるかが、投資を成功させられるかどうかの、分かれ目なのです。

 

FX取引は元本保証の金融商品ではありません。もしご 自分の為替予測が外れたら、損失を被ることもあります。その損 をなるべく抑えるために、各取引会社は「ロスカット・ルール」を設けています

 

このルールは、相場が思惑に外れた動きをした場合、顧客の損失が無限大にならないことを目的としています 。保証金(「証拠金」ともいう)が一定の額まで減ってしまったら、取引会社が ポジションの一部やすべてを決済してしまうというものです。

 

ルールの行使には、前もってロスカットのラインを設定している会社、自動的に決済される仕組みの会社、警告の連絡 を送る会社など、FX会社によって異なります 。

 

また、注文を出す際に自分でリスク軽減を図る方法もあります。「ストップロス・オーダー」または 「逆指値注文」とも呼ばれるもの です。相場が変動した際は 、あらかじめ指定したレートを超えた時点で成行(後述)の売り注文・買い注文を行う のです。

 

FXは機動的な投資ですので、リスクは減らしておくに越したことはありません。

 

損が膨らみすぎないための対処方法
図15 損が膨らみすぎないための対処方法

 



FX取引においては、 保証金がポジションを維持するのに不足すると、いわゆる追証(マージン・コール)を求められます。つまり 、最初に差し入れた保証金が取引を維持するのに必要なだけの担保価値を持ちえなくなってきたので、改めて保証金を追加するように求められるのです。

 

基本的に追証は、損失額が膨らみ納めた保証金の50%を超えてくると、要求されるケースが多いようです。

 

たとえば 、保証金の有効保有額が追証 のラインである維持率50%(ロスカット・ルールは維持率20%以下)を下回った場合、あらかじめ決められた期限 までに維持率が50%を回復しない場合は、未決済ポジションの一部を反対売買して50%に引き上げるというものです 。

 

では、損失額が追証 がかかる50%のレベルを超えてさらに膨らんでいった場合はどうなるでしょうか。この場合 は強制的に反対売買が行われ、ポジションが決済されます。

 

これもFX会社によってやや異なりますが、概して損失額が当初納めた保証金の80%を超えた段階でかかるようです 。強制決済 されると、最初に納めた保証金額から損失額を差し引いた金額のみ が残ることになります。たとえば当初100万円の保証金を納め損失額が80万円になった場合は、20万円が残る計算です。

 

このように二重の安全装置がかかっていますから、損失額が当初納めた保証金の範囲を超えて発生し資産がマイナスになるということは、基本的にはありえません。

 

ただし、相場の大暴落などでレートが飛んでしまう場合などは、この限りではありません。近年では2015年1月に起きたスイス中銀がユーロ介入の停止を宣言したことによりスイスフランがあっという間に暴落したスイスフラン・ショックが、記憶に新しいところです。

 

追証発生や強制決済といった事態に追い込まれる前にきちんと自分で損切りを行ない、次のチャンスには再び取引できるように準備 しておくことが肝心です

 

損失をそのままにしておくと・・・
図16 損失をそのままにしておくと・・・

 

再度強調させて頂きますが、 FX取引のメリットのひとつは少額資金から始められることです。取引会社によって異なりますが、たとえば1万ドル分の外貨を取引するのに必要な手元資金(保証金)は1ドル=100円でレバレッジが10倍とすると10万円程度。それだけ気軽に始めることができるのです。

 

しかし 、手軽に始められるからといって、リスクまで軽減されるわけではありません。むしろ少額資金で大きな取引ができる分、FX取引は他の外貨建て金融商品に比べて高いリスクを背負うことになります。

 

レバレ ッジ効果」は両刃の剣です。上手く使いこなせば高いリターンが期待できる一方、大きくロス することもあります。基本的にFX入門者や初心者の場合は、「FX入門者〜脱初心者必見〜レバレッジ、スワップ金利等〜」の最後でも触れたとおり、 2〜3倍程度のレバレッジで運用するのが最も無難だと思います。

 

では、最低保証金としていくら預ければいいのでしょうか。これはFX会社によって異なるので、事前にチェックしておくといいでしょう。最も多いのが10万円程度(レバレッジが10倍の場合)を最低保証金とするFX会社ですが、なかには10円から始められる会社(レバレッジが10倍の場合)もあります

 

最低保証金の金額が小さくなるほど手軽に投資できることになりますが、大事なことは、ご自分が負える リスクをきちっと把握し、レバレッジを必要以上に高めて投資しないことです。保証金は常に余裕を持たせることが肝心なのです。

 

FX入門者から脱初心者の方はこれに加えて、逆指値注文を必ず入れることも習慣化させましょう!

 

最低の必要保証金は10万円程度から
図17 最低の必要保証金は10万円程度から

 

当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。